速報
» 2004年05月08日 09時19分 UPDATE

Eudoraに深刻なセキュリティホール

電子メールソフトのEudoraにURL処理機能の境界エラーが引き起こす深刻な脆弱性が見つかった。セキュリティ企業のSecuniaはこの脆弱性の深刻度を「高」としている。

[ITmedia]

 電子メールソフトのEudoraに深刻な脆弱性が見つかったとして、セキュリティ専門家らが警戒を呼び掛けている。

 発見者はシドニー大学のポール・サボー氏。セキュリティ企業のSecuniaが5月7日公開したアドバイザリーによると、この脆弱性の深刻度は「高」。

 URL処理機能の境界エラーが原因で、悪質な電子メールの中に仕込まれた長いリンク(300バイト程度)をユーザーがクリックした場合、外部から任意のコードを実行される恐れがあるという。

 Senuniaでは、脆弱性が報告されているのはWindows版のEudoraバージョン6.1、6.03、5.2.1だが、ほかのバージョンも影響を受けるかもしれないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -