速報
» 2004年05月12日 09時01分 UPDATE

セキュリティ強化のためのオープン仕様、年内リリースへ

ネットワークセキュリティ強化のためのオープン仕様「Trusted Network Connect」は年内にリリースの予定。脆弱性を抱えたシステムがネットワークに接続する前にセキュリティポリシーを実行できるようにする。

[ITmedia]

 セキュリティ標準化団体のTrusted Computing Group(TCG)は米ラスベガスで開催のNetworld+Interop(N+I)で5月11日、ネットワークセキュリティ強化のためのオープン仕様を開発中だと発表した。

 この仕様「Trusted Network Connect」は年内にリリースの予定。脆弱性を抱えたシステムがネットワークに接続する前にセキュリティポリシーを実行できるようにすることで、ネットワークをウイルス、ワーム、サービス妨害攻撃、ホストソフトウェアの脆弱性などから守るという。

 同仕様の開発にはExtreme Networks、Foundry Networks、Funk Software、InfoExpress、iPass、Juniper Networks、Meetinghouse Data Communications、Network Associates、Sygate、Symantec、Trend Micro、Zone Labsなどが協力している。

 TCGにはIntel、AMD、IBM、Microsoft、Hewlett-Packardなどの業界大手が参加。ハード、ソフトを含めた信頼できるコンピューティング/セキュリティ技術のオープン標準開発と推進を目指している(2004年4月10日の記事参照)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -