速報
» 2004年06月02日 08時35分 UPDATE

ソニー、米国でPDAから撤退へ

ソニーは、米国で年内にPDA「CLIE」の新製品を投入しない方針を固めた。「現在でも、携帯機器をビジネス戦略の支柱と見なしている。現在、従来型のPDA市場の方向性について再検討を行っており、米国ではこの秋、新モデルは投入しない」と同社。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 ソニーは6月1日、米国で年内にPDA「CLIE」の新製品は投入しない方針を決めたことを明らかにした。

 同日リリースされた談話では次のように説明している。「ソニーは現在でも、携帯機器を当社の中核的なビジネス戦略の支柱と見なしている。現在、従来型のPDA市場の方向性について再検討を行っており、米国ではこの秋、CLIEの新モデルは投入しない。製品開発と販売は日本市場のみで継続する。この機会に従来型のPDA事業と、将来的にどのように変化していくかについて検討する」

 ソニーが1〜3月期中に出荷したCLIEは10万台を超え、調査会社IDCによればシェア3位、同四半期中にソニーが世界で出荷した台数の半分弱を占めている。ただ、この四半期は業界全体で前年比11.7%の減少となる中、ソニーが世界で出荷した台数は49.6%減少した。

 PDAの買い替えに当たり、携帯電話や機能統合型のスマートフォンに目を向けるユーザーが増えていると、IDCのアナリスト、アレックス・スローズバイ氏は話す。携帯機器において通話機能は必須になっていると説明、「ソニーは(この市場で)あらゆる方向性を推進してきたが、これは拡大中の分野ではない。この流れが変わるとは考えておらず、(米国のユーザーにとって)携帯電話の方が優先度が高い」と話している。

 ソニーの決定は、Palm OSを提供しているPalmSourceに大きな打撃を与えそうだ。ソニーが米国から撤退すれば、PalmSourceのビジネスの90%は、8カ月前にスピンオフしたばかりのpalmOneからもたらされることになる。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -