速報
» 2004年06月10日 11時23分 UPDATE

米数学者、リーマン予想の証明を宣言

米パデュー大学のルイス・デ・ブランジェス・デ・ボルシア教授は、リーマン予想明の過程を記した論文をサイトに掲載。ほかの数学者に向けてピアレビューを呼び掛けている。

[ITmedia]

 米パデュー大学の6月8日の発表によると、同大学の数学者が数学上の未解決問題であるリーマン予想を証明したと宣言した。

 ルイス・デ・ブランジェス・デ・ボルシア教授は、同大学のWebページに証明の過程を記した23ページの論文を掲載。ほかの数学者に向けてピアレビューを呼び掛けている。

 こうした発表は正式な学会の場や学会誌で行うのが通例だが、クレイ数学研究所が2001年にリーマン予想を最初に証明する人物に100万ドルの賞金を提供すると発表しており、Webサイトで一足先に公表する運びとなった。

 リーマン予想とは、ゼータ関数を複素数に拡張した、素数の本質に関する非常に複雑な理論。1859年に発表されて以来、150年近くもの間、正否をめぐって数学者を悩ませている。

 ボルシア氏はBieberbach予想を約20年前に解いたことで知られる人物。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -