速報
» 2004年06月11日 09時37分 UPDATE

「Half-Life 2」ソース盗難事件の容疑者逮捕

「Half-Life 2」のソースコード盗難事件をめぐり、複数の国で容疑者が逮捕された。オンラインコミュニティーの“コアグループ”が情報を手掛かりにシステム侵入者の残した足跡を分析し、捜査に協力したという。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 「Half-Life 2」の大幅な出荷延期を招いたゲームソースコード盗難事件をめぐり、複数の国で容疑者が逮捕されたことを、開発元のValveが明らかにした。

 Valveによると、オンラインコミュニティーの協力が逮捕につながった。

 「侵入事件の発表から数日以内に、オンラインゲームコミュニティーは、事件に関わった人物を突き止めていた」とValveのゲイブ・ニューウェルCEO。「この手のサイバー犯罪で従来、警察が解決できなかったような問題を、ゲーマーたちが、これほど迅速かつ賢く解明できたことは驚きだ」とする。

 “コアグループ”が情報を手掛かりに、システム侵入者の残した足跡を分析し、個々の容疑者が特定されて逮捕に至ったという。

 「コミュニティーが結束して犯人を追跡する様子を見て非常に頼もしかった。Valveの社員は全員、自分たちがいかにゲームコミュニティーに頼っているかを再認識した」(ニューウェルCEO)

 シアトルにある、米連邦捜査局(FBI)の米北西部サイバー犯罪専門調査団は、逮捕の事実は認めているが、それ以外、この件について特にコメントしていない。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -