速報
» 2004年06月29日 17時52分 UPDATE

オークション悪用し海賊版販売の男を逮捕

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の発表によると、群馬県警は6月29日、オークションサイトを悪用してPCソフトの海賊版を販売していたとして、著作権法違反の疑いで茨城県神栖町の会社員の男(34)を逮捕した。

 調べでは、男は2003年9月月中旬から同10月下旬にかけて、CD-Rに不正に複製したグラフィックスソフトなどをYahoo!オークションに出品し、関東地方の7人などに対し1枚当たり2500円から3800円で郵送販売していた疑いがもたれている。告訴会社はアドビシステムズとペガシス。

 男は全国の約90人に海賊版を販売し、約30万円を売り上げていたと見られる。売上は小遣いに充てていたという。県警がサイバーパトロールで海賊版の販売を見つけ、家宅捜索で押収したPCとCD-R約50枚をもとに捜査を進めていた。

 ACCSは独自調査で、男が海賊版と見られるソフトを出品していたことを確認し、2003年10月下旬に著作権について注意を促す通知を電子メールで送っていた。

 ACCSはヤフーと連携して同オークションでの海賊版流通対策を強化しており、5月末までに約5000件の出品を停止している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -