速報
» 2004年07月03日 10時16分 UPDATE

iPodをBMW以外でも使えるアダプタ、Alpineが米で今秋発売

カーオーディオメーカーの米Alpine Electronics of Americaは今秋、iPodの音楽を車のステレオで聴くためのアダプタを発売する。シートの下、小物入れの中、ダッシュボードの裏など、車のどこにでも設置できるという。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Apple ComputerとBMWがこのほど立ち上げた「iPod Your BMW」キャンペーンでは、BMW現行モデルのオーナーにiPodの音楽を車のステレオで聴けるアダプタを提供している。しかし、BMWに乗っていなかったり、対応のモデルではなかった場合、どうすればいいのだろう? この対応策として、カーオーディオメーカーのAlpine Electronics of Americaは1月に、iPod用アダプタの開発に取りかかったと明かした。AppleとBMWのニュースを受け、Alpineは詳細な情報を明らかにし、今秋に製品を出荷するとしている。

 「Interface Adapter for iPod」では、Alpine製ヘッドユニットを取り付け、フロントパネルかリモコンを使ってiPodを操作できる。アーティスト名、アルバム名、楽曲名などの情報はヘッドユニットに表示され、つまみを回して音楽リストをスクロールする。

 インタフェースボックス、ケーブルが含まれ、シートの下、小物入れの中、ダッシュボードの裏など、車のどこにでも設置できるという。ケーブルでInterface AdapterをAlpineのヘッドユニットにつなぎ、もう1本のケーブルでiPodかiPod miniのDock ConnectorとInterface Adapterを結ぶ。接続時にはiPodの充電もできる。

 Alpineによると、「MediaXpander」機能によって圧縮されたデジタルメディアの「失われたディテールを再現する」。レシーバーは、同社の「Bass Engine」機能を備え、車内で最適な音質になるようシステムを調整するという。

 公認のディーラー経由で、今秋早々にも100ドルで販売する計画。ファームウェアバージョン1.1のiPod miniと、バージョン2.2のDock Connector搭載iPodに対応する。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -