ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月06日 09時51分 UPDATE

「MSN Web Messenger」β版が一般公開に

WebベースのIMクライアント「MSN Web Messenger」のβ版が一般公開された。テキストメッセージングのみをサポート。Webcam、音声チャット、ゲームなどには対応していない。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Microsoftが、Webベースの「MSN Messenger」クライアントのテスト版を公開した。ユーザーはクライアントアプリケーションをインストールしなくても、インスタントメッセージング(IM)サービスに接続できる。

 先週図らずもWebベースIMクライアントのテストサイトをプレビューしてしまい、マスコミなどが殺到。Microsoftは、MSNのテストWebサイトからテストページを削除していた(関連記事参照)

 8月4日に正式公開された「MSN Web Messenger」のテスト版は、英国、米国、フランス、ドイツ、日本のユーザーが対象。年内に提供地域を拡大する計画だという。

 MSN Web Messengerのβ版はInternet Explorer 5.0、Netscape 7.0、Mozilla 1.6以降のバージョンに対応。ポップアップ遮断機能を解除し、Microsoft Passportのアカウントを取得する必要がある。

 MSN Web Messengerは、テキストメッセージングのみをサポート。Webcam、音声チャット、ゲームなどには対応していない。

 英語版のMSN Web Messengerは、webmessenger.msn.comで公開されている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.