速報
» 2004年08月10日 09時03分 UPDATE

Roxio、Napsterに社名変更し音楽サービスに集中

Roxioは、「Easy Media Creator」などのソフト部門をSonic Solutionsに売却、デジタル音楽配信サービス専門企業への転換を図り、社名を「Napster」に変更する。

[ITmedia]

 米Roxioは8月9日、デジタル音楽配信サービス企業への転換を目指し、コンシューマー向けソフト部門を売却して、社名を「Napster」に変更すると発表した。

 Roxioのクリス・ゴログ会長兼CEOは、デジタル音楽サービスの専門企業として、Napsterが登場することになるとコメントしている。

 Roxioは、ソフト部門を8000万ドル相当の現金と株式でSonic Solutionsに売却する。Sonicは、Roxioの「Easy Media Creator」、「PhotoSuite」、「VideoWave」、「Easy DVD Copy」、「Toast」などの全ソフト事業を買収、流通チャネルや製品マーケティングの強化を図る。Roxioブランドは存続させ、流通チャネルやOEM関連の契約も継続する考え。

 Roxioは、株主の承認などを経て、年内には取引を完了する見通し。取引完了後、社名をNapsterに変更して、NASDAQでのティッカーシンボルを「NAPS」にするとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -