速報
» 2004年08月12日 08時03分 UPDATE

Napster、米軍に音楽サービス提供

米Napsterは、米国の現役・退役軍人、予備兵、ならびにその家族を含む115万人の軍関係者に向けて、75万曲以上の合法楽曲カタログとコミュニティー機能を提供開始した。

[ITmedia]

 Roxio傘下の米Napsterは8月11日、AAFESとの契約を通じて、米軍の陸海空全支部を対象に音楽サービスを提供開始したと発表した。

 AAFES(Army & Air Force Exchange Service)は、米国の陸軍と海軍が共同運営する福利厚生組織。今回の契約は、CentricMall.comというサイトを通じてNapster 2.0有料音楽サービスを提供するというもの。同日より、現役・退役軍人、予備兵、ならびにその家族を含む115万人の軍関係者が、75万曲以上の合法楽曲カタログとコミュニティー機能を利用可能になった。

 「軍のコミュニティー、特に米国外に駐在する米軍関係者の間にデジタル音楽配信の需要があると知り、ただちに対応を決めた」とRoxioのクリス・ゴログCEOは説明している。「これにより米軍関係者は、米国内外を問わず、また現役か予備兵かを問わず、家族も含めて全員が、好きな時に、どこからでも、自分の好きな音楽に安全にアクセスできるようになった」

 CentricMall.comはパスワードで保護されたサイトで、会員のみアクセスできる。同サイトには40社以上のオンラインベンダーが参加するが、Napsterは、同サイトで提供される初めてのデジタル商品だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -