ニュース
» 2004年08月16日 18時30分 UPDATE

大手サイトを横断してホテル料金を比較する「モノリス」

「じゃらんnet」「旅の窓口」「ベストリザーブ」の宿泊施設データを一括検索し、安い順に表示できる新サイトがオープン。

[岡田有花,ITmedia]

 モノリスは、複数の国内宿泊予約サイトのデータを自動収集し、宿泊料金を比較できるサイト「モノリス」を8月17日にオープンする。

yu_mono_01.jpg

 オープン当初、利用できるのは、リクルートの「じゃらんnet」、楽天トラベルの「旅の窓口」、ベストリザーブの「ベストリザーブ」の3サイトのデータ。合計で約2万2000施設、約340万プランが対象となる。

 宿泊したい都道府県や地域と日時、泊数、1部屋の宿泊人数(1人か2人。3人以上は未対応)をプルダウンメニューから選べば、条件に合った宿泊施設が料金の安い順に表示される。

 検索結果画面では、各宿泊予約サイトの予約申し込み画面にジャンプできるほか、食事付きかどうか、禁煙・喫煙かといった各プランの詳細情報の確認も可能。同じ宿泊施設の他の宿泊プランも表示できる。

yu_mono_02.jpg 検索結果画面。定価の設定があれば、定価からの値引率も自動計算して表示する

 モノリスのデータべースは、各宿泊予約サイトを巡回して必要なデータを抽出、分類する独自のクローラーシステムによって自動更新される。施設名の表記の揺れにも高精度に対応。同じ施設の表記が各サイトによって、「地名+施設名」「施設名のみ」というように違っても、どの施設同士が同一なのか自動で判断してデータベース化するという。

 各サイトにデータ利用の許可は取っていないが、「宿泊施設に特化してはいるものの、Googleなどと同様の検索サイトという位置付け。宿泊サイト側には理解してもらえると考えている」(藤村寿之最高マーケティング責任者)。利用可能な宿泊サイト数は順次増やす予定で、近日中に日本旅行の「宿プラザ」にも対応するとしている。

 収益はサイト内に広告を表示することで得る予定。宿泊施設や宿泊予約サイトなどからの出稿を見込む。来年度の売上目標は1億円。

 同社は2003年10月に設立。本社は大阪市西区。

yu_mono_03.jpg 「モノリスを使えば、いくつもの宿泊予約サイトを回る手間が省ける」と高島幹雄社長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -