速報
» 2004年09月13日 14時57分 UPDATE

ニコン、デジカメ画像を無線LAN転送する「PTP/IP」技術を確立

デジカメで撮影した画像を、無線LANでPCに直接転送する技術をニコンが確立した。近く対応トランスミッターを発売、今後はCOOLPIXシリーズにも搭載する計画。

[ITmedia]

 ニコンは9月13日、デジタルカメラで撮影した画像を無線LANなどで転送可能な「PTP/IP」技術を確立したと発表した。同技術を開発した米FotoNationと米Microsoftと協力し、実用化・製品化を進める。まずプロ用一眼レフカメラなどに搭載し、その後コンシューマー製品にも導入する。

 同技術は、USBを使った画像転送で使われているPTP(Picture Transfer Protocol)を拡張し、Ethernet上でも利用できるようにしたもの。

 ニコンは昨年、IEEE 802.11bを採用した画像ワイヤレストランスミッター「WT-1」を発売。デジタル一眼レフカメラ「D2H」に装着すると無線LAN経由でPCに画像転送が可能だったが、FTP接続だったため、接続の確立にカメラやPCの設定が必要だった。

 PTP/IPなら従来に比べ接続設定が容易になる。同技術を搭載したワイヤレストランスミッターを近く発表する予定だ。またコンシューマー向けデジタルカメラ「COOLPIX」シリーズにも搭載していく計画。

 さらに、PictBridge対応プリンタとカメラを無線LANで接続したり、DVDレコーダーなどに組み込んで画像をファイリングする、といった用途も想定。広くコンシューマー製品への搭載を目指し、カメラ映像機器工業会(CIPA)に標準化を働きかける。

 Microsoftは、同技術を拡張し、音楽ファイルや動画ファイルも扱えるようにした「MTP」の開発を進めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -