速報
» 2004年10月13日 20時05分 UPDATE

ルネサス、Nanya製メモリの輸入販売差し止め求め仮処分申し立て

自作PCユーザーにはおなじみ、Nanya製メモリの輸入販売差し止めを求める仮処分をルネサスが申し立てた。原因は特許紛争。

[ITmedia]

 ルネサステクノロジは10月13日、メモリメーカーの台湾Nanya Technologyがルネサスの半導体パッケージ関連特許を侵害しているとして、Nanya製メモリの輸入と販売の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てた。

 ルネサスはNanyaがメモリ関連の特許を侵害しているとして、昨年から今年にかけ米国と国内で相次いで提訴。特許侵害製品をNanyaがこれ以上販売することは放置できないとして、日本法人の日本ナンヤ・テクノロジーに対し輸入販売の差し止めを求めている。仮処分は、訴訟の対象となったメモリ関連特許とは別の特許に基づいて申し立てた。

 Nanya(南亜科技)はPC用DRAMで知られるメモリ専業メーカー。国内の自作PC市場向けにも多くの製品が流通している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -