速報
» 2004年10月26日 17時44分 UPDATE

ソフトバンク、C&W日本法人を買収

ソフトバンクがC&W IDCを総額約142億円で買収。法人向けと国際通信に強みを持つ同社の取得で、通信事業の地盤をさらに固める。

[ITmedia]

 ソフトバンクは10月26日、英Cable & Wirelessの日本法人ケーブル・アンド・ワイヤレスIDCを買収すると発表した。買収総額は約142億円。C&Wは事実上、日本から撤退する。

 ソフトバンクは、C&W IDCの発行済み株式の約97%に当たる約70万株を、英本社から約123億円で取得する。債務約19億円も引き継ぐ。買収は年内にも完了する予定。

 C&W IDCは国際通信と法人向けデータ通信に強みを持つ。ソフトバンクは7月に日本テレコムを買収しており、C&W IDCの取得で固定通信の売り上げ高はKDDIに匹敵する。

 ソフトバンクは固定電話サービスの顧客基板を拡大するほか、法人向け営業の強化や、ホスティング事業の統合による効率化も図る。

 C&W IDCは2004年3月期、売り上げ高約713億円に対し約67億円の純赤字だった。「国内シェアが低く、今後のグループ戦略に合致しない」(英本社のフランチェスコ・カイオCEO)として売却を決めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -