速報
» 2004年11月09日 07時03分 UPDATE

スーパーコンピュータTop500ランキング、Blue Geneが首位奪取

スーパーコンピュータの世界Top500ランキングが発表された。世界最速マシンはIBMのBlue Gene/Lとなり、地球シミュレータは3位に転落。

[ITmedia]

 スーパーコンピュータの世界Top500ランキングが11月8日、米ピッツバーグで開催のSC2004カンファレンスで発表され、IBMのBlue Gene/L beta-Systemが70.72TFLOPSで首位に立った。5期連続でトップに君臨していたNECの地球シミュレータは3位に転落した。

 2位は米航空宇宙局(NASA)に導入されたSGIのColumbiaで、Linpackベンチマークの記録は51.87TFLOPS。3位の地球シミュレータは35.86TFLOPSだった。

 IBMのシステムは、バルセロナ・スーパーコンピュータセンターのMareNostrumも20.53TFLOPSで4位に入っている。このほかAppleのXserveを使った“SuperMac”ことVirginia Tech Xは、12.25TFLOPSで7位に返り咲いた。

 上位500機種のうち、Intelのプロセッサを搭載したシステムは半年前の287機種から、今回320機種に勢力を拡大。次いでIBM POWER(54機種)、Hewlett-Packard(HP)のPA-RISC(48機種)、AMD(31機種)の順だった。

 国別では米国のシステムが1年前の247機種から267機種へと増加している。日本のシステムは30機種がランク入りした。(→関連記事)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -