速報
» 2004年11月09日 18時37分 UPDATE

NTT、同番移行可能な住宅向けIP電話サービスを来年開始へ

NTT東西は、Bフレッツを利用した戸建て住宅向けIP電話サービスを来年から始める計画。固定電話並みの音声品質を確保し、従来の加入電話番号の使用や、携帯電話や国際電話への発着信も可能だ。

[ITmedia]

 NTT東西地域会社は11月9日、FTTHを利用した戸建て住宅向けIP電話サービスを来年から始めると発表した。従来の加入電話番号をそのまま使用でき、携帯電話や国際電話への発信も可能だ。同日、料金設定に必要な認可申請を総務大臣に行った。

sk_ntt.jpg

 年内にも提供予定の1Gbpsシェアードアクセス方式のBフレッツユーザー向け。IP電話からIP電話・加入電話・携帯電話への発着信が可能で、音声品質は「固定電話相当」としている。

 通常の電話番号(OAB〜J)を利用できる上、従来のNTT加入電話と同じ場所で使う場合は同番移行も可能だ。ナンバーディスプレイやキャッチホンなどの付加機能も利用できる。

 NTT東は来年1月をめどに東京23区の一部からサービスを始め、順次政令指定都市、県庁所在地などに拡大する予定。NTT西は来年4月をめどに、大阪府と政令指定都市の一部でサービス開始する計画だ。

 認可を申請したのは、他事業者ユーザーへの発信時にNTT東西が料金設定を行えるようにする活用業務。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -