速報
» 2004年11月11日 08時04分 UPDATE

GmailがPOP3サポート、ウイルス対策も提供へ

GoogleはPOP3サポートに加え、ウイルススキャンもGmailに追加する準備を進めている。JavaScirpt未搭載のブラウザでも利用可能にする計画もある。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Googleはこの週末から段階的に、WebメールサービスのGmailでPOP3サポートを導入する。ユーザーはこの機能を使ってGmailサーバから、PCやワイヤレス機器の電子メールアプリケーションにメッセージをダウンロードできるようになる。

 POP3対応によって、サーバベースのGmailメッセージをMicrosoftのOutlookのようなクライアントサイドの電子メールアプリケーションに転送し、ローカルのHDDに保存してオフラインでもアクセスできるようになる。POP3対応の電子メールクライアントを搭載したワイヤレス端末のユーザーも、GmailメッセージをPDAや携帯電話にダウンロードすることが可能になる。

 Googleはまた、Gmailにウイルススキャン機能を追加する準備も進めている。これは既存技術のライセンスによって実現するもよう。さらに、JavaScriptをサポートしていないブラウザでもGmailを利用できるようにするためのHTMLインタフェースも開発中だ。GmailではJavaScriptを多用しており、現在Gmailを利用できるのはJavaScript対応のブラウザのみとなっている。

 こうした機能強化のほか、WAPやXHTMLのサポートを通じてワイヤレス機器対応が強化される可能性もある。これは、現在βテスト段階にあるGmailをいずれ最も機能豊富なWebメールサービスとして提供しようと努めている一環だと、Google幹部は説明している。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -