ニュース
» 2004年11月15日 19時40分 UPDATE

「PSP」実機ポスターに女子高生もしみじみ感動

東名阪の主要駅に11月15日から、「PSP」実機付きのポスターが掲示された。警備員が常時監視し、盗難を防いでいる。

[岡田有花,ITmedia]

 近くからの写真撮影は禁止、ケースに手を触れたら警備員が注意――美術品のような厳重さで守られているのは、東京・新宿駅のポスターに張られた「プレイステーション・ポータブル」(PSP)の実機だ。

yu_psp_01.jpg 全国最大数となる8台を掲示した新宿駅のメトロプロムナード(上)と、4台掲示しているJR新宿駅北側通路

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは同日から、東京、大阪、名古屋の主要駅に、PSPの実機付きポスターを掲示。「どこでもいっしょ」「リッジレーサーズ」などゲームのデモ画面を流している(関連記事参照)

 PSPは鍵付きの透明アクリル板の中に入れられ、警備員が見張っている。8台掲示している新宿駅のメトロプロムナードは4−6人、4台掲示するJR新宿駅構内は2−3人が常時見張り、万一の盗難を防ぐ。

yu_psp_02.jpg 警備員は、質問すると丁寧に答えてくれる

 メトロプロムナードの通行人は、ゲームの実機展示という珍しい広告に立ち止まって画面に見入り、「これ、TVなの?」「きれいな画面ね」などと話していた。「一番多く見にくるのは、30代以上のサラリーマン」(警備員)。

yu_psp_03.jpg 携帯電話で撮影する人も。ただし、画像が判別できる近距離での撮影は禁止

 警備員によると、見に来た人ほぼ全員が高画質に驚くという。「『日本のゲームもここまで来たか』としみじみ感動していた女子高生もいた」(警備員)。

 12月12日の発売に先駆けて高画質をアピールしようと、駅での実機展示にふみきった同社。狙いは当たったようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -