速報
» 2004年11月19日 09時26分 UPDATE

IBMとApple、デジタルメディア標準で協力

IBM、Apple、Adobe、Ciscoの4社は共同で、Microsoftに対抗する「Digital Media Framework」を開発する。

[IDG Japan]
IDG

 米IBMが、MicrosoftのWindowsに対抗する新しいフレームワークでデジタルメディアに進出している。

 このソフト「Digital Media Framework」は、Microsoftと競合するApple Computer、Adobe Systems、Cisco Systemsと共同で開発された。デジタルメディアフレームワークとして、リッチメディアコンテンツの作成、管理、配信への利用を想定している。Microsoftの製品よりも安い価格で市場に投入される予定だ。

 このソリューションはJava、J2EE、ISMA、3GPP、MPEG、XML、Linux、H.264 Advanced Video Coding、Extensible Metadataをサポート。今後のサポート拡大も計画されている。ビデオストリーミング管理ソフトもバンドルされ、トラフィック量の多いネットワークでこうしたストリームを最適化できる機能も付属する。

 Apple、Adobe、Ciscoのアプリケーションはこれと同じ標準をサポートしており、このフレームワークに統合することができると伝えられている。

 AppleはMac OS X Tigerとともに出荷するQuickTimeの次期メジャーリリースでAVC/H.264のサポートを計画しており、QuickTimeで作成されたAVC/H.264をIBM DB2 Content Managerと連携させることが可能になるという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -