速報
» 2004年12月06日 16時12分 UPDATE

冬のボーナスは貯蓄とローン返済でおしまい?――ボーナス使い道調査

GfK Japanの調査によれば、2004年冬季ボーナスの使用用途は、貯蓄やローン返済など消費以外の目的を考えている人が多いようだ。一方、ボーナスで買いたい家電製品の1位はDVDレコーダーとなった。

[ITmedia]

 ジーエフケーマーケティングサービスジャパン(GfK Japan)は12月3日、今年の冬のボーナスの使い道について調べた調査結果を発表した。

 これによると、複数回答方式でもっとも多かったのは「貯蓄」(35%)、次いで、「ローン返済」(28%)と、消費以外の目的を挙げる割合が高かった。一方で、消費行動としては、「家電製品などの購入」を挙げる人が23%でもっとも多く、「旅行などの資金」(19%)が続いた。

 「家電製品などの購入」と回答した人に、具体的に欲しい製品(複数回答方式)をたずねたところ、「DVDレコーダー」が27%と、ほかに比べて突出して多い結果となった。

順位 品名 比率(%)
1 DVDレコーダー 27
2 デスクトップPC 16
3 ノートPC 15
4 その他PC周辺機器 15
5 プリンタ 12
6 液晶テレビ 12
7 デジタルスチルカメラ 8
8 デジタルビデオカメラ 7
9 プラズマテレビ 6
10 ゲーム機 6

 同調査は有効回答数1万5000件から、20歳以上の男女2000人分(男性:77%、女性:23%)を抽出して分析した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -