速報
» 2004年12月08日 07時37分 UPDATE

IM/P2Pのウイルス情報センター立ち上げ

[ITmedia]

 企業向けIM管理ソフトの提供企業米IMlogicは12月7日、セキュリティ企業やインスタントメッセージング(IM)提供企業と手を組んで、IMとP2Pに感染するウイルス情報などを提供する「IMlogic Threat Center」を立ち上げたと発表した。

 同センターはAOL、Microsoft、Yahoo!のIM大手3社の協力で、IMサービスや企業向けIMシステム上でウイルスなどの脅威を監視・検出。さらにMcAfeeおよびSybariとの提携により、ウイルスとセキュリティ上の脅威について最新かつ包括的な情報を提供する「IM業界初の世界フォーラム」が形成されるとIMlogicは説明している。

 同社によれば、こうした形でIM/P2Pの脅威情報を提供するのは業界で初めて。企業とコンシューマーの両方を対象として、IMとP2Pを標的としたウイルスやワーム、スパム、不正コードについての情報をサイト上で閲覧できるようにするほか、登録ユーザーには電子メールとIMでも通知する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -