速報
» 2004年12月11日 08時59分 UPDATE

Google、目的の検索用語を推測してくれる新サービス

Google検索のユーザービリティを引き上げる新機能が加わった。検索ボックスに検索語の一部をタイプすると、「Google search」ボタンを押す前に候補一覧を表示してくれる。

[ITmedia]

 ユーザーの探したい用語を推測してくれる米Googleの新検索サービス「Google Suggest」のβ版が立ち上げられた。現在は英語のみ対象。

 このサービスでは検索ボックスに探したい用語の一部を入力すると、何を探したいのか推測してボックスの下に一覧を表示してくれる。例えばユーザーが「progr」と入力すると、「programming」「programming languages」「progesterone」などの候補が下に一覧表示され、その右側にはその用語を含むサイト数が表示される。この中からスクロールして自分の目的の用語を選ぶと、その用語の検索結果にたどり着く。

 この仕組みについてGoogleでは、同社のアルゴリズムで幅広い情報を使ってユーザーが探したいと思われるクエリーを予想していると説明。ユーザー個人の検索履歴に基づいた推測を行うわけではないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -