速報
» 2004年12月15日 08時19分 UPDATE

MS、12月の月例パッチで「重要」レベルの脆弱性5件を修正

Windowsの12月月例パッチは重要な脆弱性5件に対応したもので、WordPad、DHCP、WINSの脆弱性などに対応している。

[ITmedia]

 Microsoftは12月14日、予告通りに12月の定例セキュリティパッチをリリースした。Windowsの「重要」レベルの脆弱性に対応した5件のほか、先に緊急リリースされたInternet Explorer用の累積パッチ(MS04-040)も含まれている。

 新たにリリースされた重要レベルの5件のうち、MS04-041では、WordPadの脆弱性が原因でリモートからコードを実行される恐れがある問題に対応。ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、この脆弱性を悪用されるとコンピュータを乗っ取られる可能性があるという。Windows XP SP1およびSP2と、Windows NT Server 4.0、Windows 2000、Windows Server 2003などが影響を受ける。

 このほかDHCPの脆弱性(MS04-042)、ハイパーターミナルの脆弱性(MS04-043)、WindowsカーネルおよびLSASSの脆弱性(MS04-044)、WINSの脆弱性(MS04-045)がそれぞれ修正されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -