速報
» 2004年12月17日 13時20分 UPDATE

2004年のデジカメ売り上げは240億ドル

世界のデジカメ売り上げで、トップ3はキヤノン、ソニー、オリンパスが占めた。市場規模はさらに拡大中で、2009年には310億ドルに達するという。

[ITmedia]

 2004年世界デジタルカメラ売り上げは240億ドルになり、2009年には310億ドルに達する見込みだ。市場調査会社InfoTrends/CAP Venturesが12月16日、発表した。

 世界市場におけるトップメーカーは、キヤノン、ソニー、オリンパス、Kodak、富士フイルムの順。この5社は2005年においてもトップ5となる見込みだが、順位は入れ替わる可能性があるという。

 2004年の売り上げでトップを走るのはヨーロッパ、米国、そして日本だ。日本では後期多数派の段階に来ており、米国と欧州は今後2、3年でこの状態に達すると見込まれる。アジアなどほかの地域では成長が続き、2004年の10%から2009年には33%に達するという。

 コンシューマーによる性能比較に用いるスペックとしては、センサーの解像度が相変わらずトップ。「2004年にはいくつかの700万〜800万画素モデルが登場したが、2009年までにはこのクラスの解像度はコンパクトカメラ(point & shoot camera)の主流になるだろう」とInfoTrends/CAP VenturesのDigital Photography Trends担当ディレクターであるマイケル・スローター氏は予想する。

 メーカーはイメージプロセッサのブランド認知度を上げようとしており、消費者も自分たちのスピードに対する要求を満たすためには、この部分における改良が必要なことを認識しつつあると同氏は述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -