速報
» 2004年12月24日 08時10分 UPDATE

「まだ秘策あり」――Opera次期メジャーリリースのβ版公開

Internet Explorerの代替ブラウザとしてFirefoxからのプレッシャーを受けているOperaが、次期メジャーリリース向けのβ版を公開した。まだまだ秘策があるらしい。

[ITmedia]

 ブラウザ開発企業のOpera Softwareは12月23日、次世代版Windowsブラウザのβ版をリリースした。RSS対応強化やコンテンツ幅の自動調整機能といった使い勝手の向上に加え、音声コマンドでブラウザを操作できる機能も装備。「まだ隠された秘密もある」として、正式名称は公表していない。

 「われわれは7.60リリースの準備を進めていたが、作業が進んで新機能をどんどん追加していくうち、これが非常にパワフルかつセキュアで使いやすい新ブラウザであることが明白になり、次のバージョンを越えてメジャーリリースを保証できるようになった」。ヨン・フォン・テッツナーCEOはこう説明している。

 新ブラウザはユーザーインタフェースの簡素化が図られ、主要機能に簡単にアクセスできる「Start Bar」が加わるほか、Webページのコンテンツを自分が開いているウィンドウの幅に合わせてくれる「Fit-to-Window-Width」、紙の大きさに合わせてWebページを印刷できる「Fit-to-Page-Width」の機能を提供。

 RSS機能も強化され、 RSSフィードを提供しているサイトでは、アドレスバーにクリッカブルなRSSアイコンが表示される。また、Operaの電子メールクライアントにニュースフィードを保存して、ワンクリックで情報の整理や検索が可能。さらに、最大限のセキュリティとパフォーマンスを提供するため、常に最新バージョンがインストールされていることをチェックできるアップデートチェック機能が加わった。

 音声対応は「音声でショッピングや予約ができる未来のWebサイトに備える」(同社)機能で、「Opera next link」「Opera back」「Opera speak」といった音声コマンドでブラウザを操作できる。speakコマンドでは、OperaがWebページのコンテンツや電子メールを読み上げてくれるという。

 β版はwww.opera.comから無料でダウンロードできる。正式リリースは2005年初頭になる見込みで、ライセンス版のOpera 7のユーザーには無償アップグレードを提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -