ニュース
» 2004年12月24日 15時13分 UPDATE

「海賊版販売は犯罪です」――ACCS、路上販売多発の新宿に看板

「違法な行為は逮捕する!」などと書いた立て看板を、JR新宿駅西口の電気街に設置した。

[岡田有花,ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は12月24日、警視庁新宿署、新宿区、新宿防犯協会と協力し、PCソフト海賊版を路上販売しないよう呼びかける立て看板20本を、JR新宿駅西口の電気街各所に設置した。

yu_accs_01.jpg
yu_accs_03.jpg

 看板には「許可なき路上販売はやめなさい。コンピュータソフトの海賊版や偽ブランド品などの販売行為は犯罪です。違法な行為は逮捕する!」と表記。黄色地で目立つようにした。

 ACCSによると、看板設置を決めたのは、新宿東口の路上で海賊版販売グループが逮捕された11月下旬。東口は他の看板で込み合っていたため、まずは西口から設置した。

 設置に来たACCSの久保田裕専務理事は「看板で海賊版販売を少しでも減らしたい」と話していた。

yu_accs_02.jpg 看板を設置する久保田専務理事(中)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -