速報
» 2005年01月05日 08時50分 UPDATE

エンターテインメント業界の潜在的脅威はAppleとMS

テレビおよび映画業界では海賊版に加え、AppleとMSも潜在脅威として見ているという調査結果が報告された。

[ITmedia]

 テレビ/映画業界関係者の半数が、海賊版は自社の収益を脅かす存在だと見なしていることが、ハイテク市場調査会社In-Stat/MDRが1月4日に発表した調査で分かった。実際に収益に影響が出ているとの回答も27%に上っている。

 この調査はエンターテインメント業界関係者を対象に実施され、1806人から回答があった。それによると、映画業界では3分の1以上が、違法ダウンロードやコピーによって現在自社の事業に大きな影響が出ていると回答。一方テレビ業界では、パーソナルビデオレコーダー(PVR)が将来的に、自社の事業を脅かす最大の脅威になると考えていることが分かった。

 また、AppleとMicrosoftがエンターテインメントビジネスを脅かす競合相手となる可能性があると見ていることも判明。現在この市場でどちらの製品が優れているかとの問いでは2対1でAppleに軍配が上がったが、Microsoftも力を強めているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -