速報
» 2005年01月06日 21時18分 UPDATE

靖国神社サイトにサイバー攻撃続く

[ITmedia]

 靖国神社はこのほど、Webサイトにサイバー攻撃が続いているとして、攻撃の状況を公開した。昨年9月から現在まで継続的にDDoS攻撃を受けており、ほとんどは中国ドメインからと見られるという。

 靖国神社によると、DDoS攻撃は9月3日夕に始まった。毎秒1万5000回のリクエストを受けることもあったという。攻撃は現在も続いているという。

 同年9月21日は、靖国神社のアドレスを詐称した中国語スパムメールが大量発信され、エラーメッセージを受け取った靖国神社のメールサーバがパンクして使用不能になった。エラーメッセージの多くは中国内のメールサーバから発信されていたという。

 同年12月下旬には、中国内の掲示板に靖国神社への攻撃を呼び掛ける投稿があった。攻撃ツールも配布され、このツールを使った攻撃も殺到したという。

 Webサイトなどは関係機関の協力などで防御しているが、攻撃の手段が変わると一時的に閲覧が難しい状態になるという。靖国神社は「攻撃はインターネット技術とインターネット社会の秩序を根本から否定するテロともいえる卑劣な行為」として抗議している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -