ニュース
» 2005年01月09日 20時41分 UPDATE

2005 International CES:スパイダーマン電話にホームシアターロボ――CES、ウラの見所

しゃべって動くスパイダーマン電話や、スピーカーボディのロボット、オヤジギャグ商品など、CESで気になったユニーク商品をフォトレポート。

[岡田有花,ITmedia]

 2005 International CESの見所は、次世代光ディスクや大画面TVだけではない。13万平方メートルと東京ドームの3倍弱の敷地に2400社がひしめく広大な会場には、気分はアメリカンなセンスが光るオバカなブツも満載だ。いくつかをフォトレポートしよう。

yu_ces_01.jpg GPXのロボットは、“ひとりホームシアター”だ。スピーカーやアンプ、DVDプレーヤー、TVを組み合わせて作ったボディでDVDを放映中。音声が体中のスピーカーから大音響で響く。足元にはラジオや携帯型プレーヤーで作った犬が。「キズや汚れのため返品された商品で作っている」と、説明員はリサイクル精神を強調。ロボットは1500ドルで売ったこともあるそうだ
yu_ces_02.jpg Tranwo Technologyのブースにて。クマのぬいぐるみは世を忍ぶ仮の姿。その実態は「子ども部屋にも自然に溶け込むワイヤレス監視カメラ」(同社)・・・・・・首からカメラがモロ見えでとっても不自然、というかちょっとグロい
yu_ces_03.jpg Can You Imagineの、蓋を押せばライトが光るスナック入れ、その名も「ライトスナック」(軽食)。オヤジギャグをそのまま製品化する、イーレッツ並みの潔さに敬礼
yu_ces_04.jpg 「剣神ドラゴンクエスト」など家庭用体感ゲームを多く手がけている新世代が、ジャッキー・チェンと戦略的提携を結んだブランド「Jackie Chan XaviX」を発表。体感型ボクシング、ウォーキングゲームを展示している。「XaviXで健康に、幸せになろう!」(ジャッキー・チェンのコメントパネルより)
yu_ces_05.jpg KNG Americaのスパイダーマン電話。電話がかかってくると、スパイダーマンが立ち上がってしゃべり、蜘蛛の糸を飛ばす仕草をする。でも電話が似合うヒーロといえば、スパイダーマンよりもスッパマンだよなぁ
yu_ces_06.jpg 人気バイク・ハーレーダビッドソンの模型、と思いきや……
yu_ces_07.jpg これも電話なのでした。着信するとエンジン音が鳴り、ライトが光る。KNG America製
yu_ces_08.jpg シュレック(左)とシンプソンの口から音声が響くシャワーラジオ。壁に貼り付けられるよう裏に吸盤がついている。シンプソンは、左目回転でボリュームを、右目回転でチューニングを調整するため、「ぬけさく先生」のような哀れな顔に。これもKMG Americaのブースから
yu_ces_09.jpg 日本でも望遠鏡でおなじみの光学メーカーMEADEから、カタツムリのような形のポータブル顕微鏡。上部についている穴あき磁石でプレパラートをはさみ、のぞき穴に目をあてて見る。ブースにいたアメリカ人男性いわく「こういうガジェットって楽しいよね。日本はガジェトショップがいっぱいあるから好き。『キディランド』最高!」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -