ニュース
» 2005年01月14日 20時22分 UPDATE

30代独身女性の4割が「負け犬」?

[ITmedia]

 出会い系サイト「Match.com Japan」を運営するMatch.com Internationalは1月14日、20〜39歳の独身男女各200人に恋愛や結婚についてネット調査した「第1回 Match.com 愛の調べ」の結果を発表した。「自分を“負け犬”もしくは予備軍だと思う」と回答した30代女性は40%。負け犬になった理由トップは「出会いがなかったから」(37%)だった。

 現在、恋人や婚約者がいるのと答えたのは44%。いない人のうち81%が「恋人が欲しい」と回答した。「結婚したいとすごく思う」のは21%、「多少思う」は50%。結婚したい理由トップは、男性は「家族・子どもが欲しいから」(42%)、女性は「心の支えが欲しいから」(52%)だった。

 結婚していない理由は、女性は「運命の人に出会わなかった」(37%)が2位以下を16ポイント引き離してトップ。2位は「興味の対象が合う人がいなかった」「相手を見つける機会がなかった」「性格の合う人がいなかった」が同率(21%)だった。

 男性は「相手を見つける機会がなかった」(30%)がトップで、2位は「運命の人に出会わなかった」(29%)となっている。

 結婚相手を選ぶ際に重視する点の1位、2位は男女共通で、性格と愛情(性格:男性71%、女性:82%、愛情:男性63%、女性:78%)。3位は、男性が「興味の一致」(39%)であるのに対し、女性は「経済力」(64%)。4位は男性が「容姿」(31%)、女性が「金銭感覚の一致」(59%)と、女性が男性の経済面をシビアに評価している様子が浮き彫りになった。

 独身女性で自分を負け犬、もしくは予備軍だと思うと答えたのは、20〜24歳で15%、25〜29歳で34%、30〜34歳で40%、35〜39歳で40%。負け犬になった理由トップは「出会いがなかった」(37%)、2位は「相手はいたが、結婚に踏み切るタイミングを逃した」(32%)、3位は「理想が高すぎて妥協できなかった」(29%)となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -