速報
» 2005年01月18日 12時21分 UPDATE

Panix.com、「不可能なはず」のドメイン乗っ取りに遭う

米ISPが、知らないうちにドメイン登録をほかの企業に移されていた。「持ち主に知らせずにドメインをほかのレジストラに移すのは不可能なはず」だが……(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 ニューヨークのインターネットサービスプロバイダー(ISP)Public Access Networks(Panix)のメインドメインであるPanix.comが、この週末に乗っ取られたようだ。これにより、同社の顧客は1日半の間電子メールとWebアクセスが利用できなくなった。

 同社の発表によると、何者かにより東部標準時の1月15日早朝からPanix.comドメインを奪われ、16日午後6時にこのドメインが戻ってきたという。同社は、乗っ取り犯は米国および他国の法律に違反したとし、「複数の重罪容疑」で告発した。

 Panix.comの登録はオーストラリアの会社に移され、DNSの記録は英国に本拠を置く企業に移転されたようだとPanixは説明している。Panix.comのメールはカナダのサーバにリダイレクトされた。これらの企業はサポートや緊急連絡先の電話番号を掲載していなかったため、Panixは週末の間これらの企業に連絡が取れなかったという。

 「この乗っ取りを行うのに利用されたシステムは、Panixの管理下にあるものではなかった。現在のレジストラと持ち主に知らせずに、ドメイン名を別のレジストラに移すことは不可能なはずであり、これまでにそんなことは起きなかった」と同社はWebサイトで述べている。

 Panix.com関係者は、米国では17日夕方まで何らかの問題が残るだろうと考えている。同社は顧客に対し、17日に問題があった場合は、Panix.netのWebサイトと電子メールドメインを利用するよう案内している。

 米国と少なくともほかの3カ国の捜査当局がこの件を捜査しているとPanixは記している。同社の担当者に電話とメールでコメントを求めたが、17日の時点で返答は得られていない。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -