速報
» 2005年01月20日 16時48分 UPDATE

「80年代のテレビ主題歌をかけてくれ」――カーステレオも“ナイトライダー型”に進化する

CDDBのGracenoteと音声認識ソフトのScanSoftとは、音声認識による楽曲ナビゲーション技術を共同開発する。早ければ2005年末までに“ナイトライダー型カーステレオ”が登場するかもしれない。

[ITmedia]

 カーナビゲーションの世界では、ゼンリンが会話をする車“ナイトライダー”を目指し「Mac miniを“KITT”にする」車載キットが登場したばかりだが、カーステレオなどの音楽プレーヤーも80年代のテレビ番組“ナイトライダー”に登場したKITTのように「会話をする」方向に進化しそうだ。

 iTunesで利用されている楽曲データベースCDDBなどで知られるGracenoteは1月18日、音声認識ソフトベンダーのScanSoftと手を組み、デジタルエンターテインメント機器の音声認識応答技術を共同開発すると発表した。

 両社はこの技術をデバイスメーカーに販売したいと考えており、車や家庭、ポータブル機器などで利用可能だとしている。両社はGracenoteのメディア管理製品を使って音声制御するための「辞書」についても共同開発を進める。

 Gracenoteのビジネス開発担当副社長、ロス・ブランチャード氏は「(この技術は)車内での娯楽体験を大きく変えるだろう。道路から目を離さずに音楽を楽しむことができるからだ」と述べている。対象プラットフォームは車載エンターテインメントだけでなく、携帯メディアプレーヤー、メディアサーバなども含まれる。

 同社によれば、楽曲や映画の名前を話すだけで、再生してくれたり、特定のジャンル、アーティスト、アルバム、地域、時代、年代といったキーワードで楽曲のプレイリストを即座に作り、再生することが可能になる。たとえば「シックスティーズ・デトロイト・ソウル」と言えば、対応するプレイリストができて再生されるという。

 さらに、今流れている曲が気に入ったら、「同じようなのを」と言えば、似た曲調のものを続けて再生してくれる。かかっている曲の情報を知りたければ、「これは何?」と尋ねればいいのだ。

 両社はハードウェアとソフトウェアが統合されたソリューションは2005年第4四半期に登場すると予想している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -