速報
» 2005年01月26日 08時52分 UPDATE

W3C、Webサービス関連3仕様をリリース

W3Cは、大容量のバイナリデータ伝送を標準化する3仕様をW公開した。

[ITmedia]

 標準化団体のW3Cは1月25日、Webサービス関連3仕様をW3C勧告として公開した。大容量のバイナリデータ伝送を標準化することで、Webサービスのパフォーマンス向上を目指す。

 Webサービスでは大容量のバイナリファイルを扱う場合、XML形式に符号化すると巨大なファイルが生成され、アプリケーション処理速度の大幅な低下につながる。今回の勧告仕様ではこの問題の解消に向けて、大容量のバイナリデータを送信する標準的な手段と機構を提供する。

 3仕様のうち「XML-binary Optimized Packaging」(XOP)は、アプリケーションがXML文書と一緒にバイナリデータをそのまま通信パケットに梱包する標準的な手段を提供する。

 「SOAP Message Transmission Optimization Mechanism」(MTOM)は、XOPが提供する機能を活用してSOAP通信を処理。「Resource Representation SOAP Header Block」(RRSHB)は、SOAP通信における受信側で外部に存在する資源のローカルキャッシュを有効にし、処理速度の大幅な向上につなげる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -