ITmedia NEWS >
トップ10
» 2005年02月07日 16時38分 UPDATE

News Weekly Access Top10(2005年1月30日−2月5日)「一太郎」のヘルプ機能、修正プログラム配布も検討

先週は「一太郎」のアイコン訴訟判決に関する記事が注目を集めた。ジャストは問題となった機能を修正するプログラムの配布を検討している。

[ITmedia]

 ジャストシステムの「一太郎」「花子」に搭載されている「バルーンヘルプ」機能が、松下電器産業の特許を侵害しているとして、両ソフトの製造・販売の中止と製品の廃棄を命じる判決が下された(関連記事参照)問題で、ジャストはバルーンヘルプ機能を修正するプログラムの配布を検討している。

 バルーンヘルプは、ヘルプボタンをクリックした後、別のボタンをクリックすれば、そのボタンの機能説明文が表示される機能。ヘルプボタンのデザインがマウスの絵と「?」マークを組み合わせた「アイコン」と判断されたことが、特許権侵害を認定する決め手となった。ボタンが文字や記号ならアイコンにあたらず、特許を侵害しないと考えられる(関連記事参照)。

 同社は「バルーンヘルプが特許権を侵害しているとは思わない」と主張しているが、ユーザーの不安解消策の1つとして、ヘルプボタンを「?」マークだけにしたり、文字だけのマークに変更する修正プログラム配布を検討中だ。配布時期や方法などは未定。

 ジャストによると、2月1日の判決から3日間で、同社に1500件の電話やメールが殺到。一太郎/花子2005が予定通り発売されるかの問い合わせが約半数で、残り半数が同社への激励だった。わずかながらクレームもあったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.