速報
» 2005年02月10日 20時13分 UPDATE

携帯の買い替えは「使えなくなった時」

C-NEWSによれば、携帯電話端末の買い替えを考えるのは、物理的に「使えなくなったとき」であり、デザインや機能を理由として新たに購入する人は少ないことがわかった。また、依然として折り畳みタイプが人気で、スライドボディの「D901i」は苦戦しそうだ。

[ITmedia]

 インフォプラントが運営するインターネットリサーチサイト「C-NEWS」は2月10日、携帯電話に関するアンケート調査の結果を発表した。

 同調査は、携帯電話を所有している20歳以上のインターネットユーザー300人を対象に実施。端末の購入・買い替えに関する考え方を調べると共に、NTTドコモの新端末「D901i」(関連記事参照)を取り上げ、製品評価と購入意欲をたずねた。

 回答者の携帯電話利用歴は、「7年〜10年未満」がほぼ3割、「3年〜5年未満」および「5年〜7年未満」が各2割半ば、「10年以上」と2年未満」が各ほぼ1割だった。全体の半数がNTTドコモユーザー。。

 「携帯電話の購入を検討するのは、どのようなときか?」を複数回答形式でたずねたところ、「電池の持ちが悪くなった時」(6割強)と「壊れた時」(6割)が目立って多かった。一方で「新しいデザインの機種が発売された時」と答えた人は1割半ば、「機能が古いと感じた時」が3割半ばなど、デザインや機能を理由に購入・買い替えを考える人は少ないようだ。

 「次に携帯電話を購入する際の選択ポイント」を1つだけ選んでもらうと、「購入価格」(2割強)と「本体の形状・デザイン」(1割半ば)を挙げる人が多かった。男女別で見ると、男性は価格を、女性は本体の形状・デザインを重視する傾向があった。

 所有する端末の形状タイプは、男性の8割、女性の9割弱が「二つ折り」であり、「次に携帯電話を購入するとしたら、欲しい端末の形状タイプ」も、男性の6割半ばと女性のほぼ7割は二つ折りと回答。男性のほぼ1割は「ストレート」を挙げたが、そのほかの「2軸回転」「180度回転」「スライド」は男女ともに3〜5%と支持が低い。

 D901iについて商品説明した上で、製品評価(100点満点)をしてもらったところ、「カメラ機能」で4割強が80点以上の高評価をした。さらに「カラー」「デザイン」「大きさ」の各項目についても、4割半ば〜5割が70点以上としている。しかし、同端末の一番の特徴である「スライドボディ」は、過半数が50点以下と低評価だった。

 D901iの購入意欲で「70%(たぶん購入する)以上」と答えたのは7%。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -