ニュース
» 2005年02月17日 20時57分 UPDATE

アフィリエイトで月30万円稼ぐ41歳主婦

平凡な主婦だった。ネットと出会い、はまった。5万円稼げればいいと始めたアフィリエイト。いつのまにか、30万円になっていた。

[岡田有花,ITmedia]

 「夫が財布のひもを握っているので、自由に使えるお金が欲しくて」――リンクシェア・ジャパンの記者会見にゲストとして登場した千葉県に住むkaboさん(41)は、アフィリエイトで月30万円を稼ぐ“カリスマアフィリエイター”だ。1日3000人を集める人気アフィリエイトサイト「ぷっち・も〜る」を運営。主婦として、小学生の子ども2人と夫、義父の4人を支えながら、早朝や昼間の空き時間をサイト運営にあてる。

 はじめから順調だった訳ではない。2年前のスタート当初、売り上げはゼロ円。コンテンツやユーザーナビゲーションを工夫し、30万円稼ぐサイトに育てた。

yu_link_03.jpg kaboさん

 ネットに出会う前のkaboさんは「平凡な主婦だった」。1999年末、技術者の夫がPCを購入。2001年に初めて育児情報のコミュニケーションサイトを設立し、ネットの楽しさにはまった。「ネットを始めるまで、私何やってたんだろう」というくらい、生活にネットが欠かせなくなった。

 ある日、友人のサイトで広告を見つけ、Webサイトから収入を得られると知った。パートと同じくらい――月5万円程度――稼げればと考えて始めたアフィリエイトだが、最初は苦戦した。バナー広告を張ってみたところ、ほとんどクリックされなかったのだ。

 「広告は、コンテンツに溶け込んでいないとクリックされない」。そう考え、本の内容を詳しく紹介し、バナーを張ってみた。3冊売れた。報酬は270円。5万円にはほど遠い。続けるかどうか悩んだ。

 そんな時、雑貨の商品画像をそのまま使えるアフィリエイトサービスを知る。サイト構築も雑貨も大好き。商品紹介を主体にしたネットモールを作ろうと決意した。2カ月かけ、試行錯誤しながら「ぷっち・も〜る」を完成させた。

yu_link_05.jpg ぷっち・も〜る

 オープンしたのは2003年3月。当初は売り上げが伸びなかった。訪問者が少ないせいだと思い、Webサイト登録サービスに登録してみたが、効果がなかった。「当時は内容が薄く、トップページだけ見て去ってしまう人が多かった」。リンクしてもらうサイトを増やすのではなく、コンテンツを充実させることに注力。扱う商品やページ数を増やし、紹介手法も工夫した。

 同じ商品でも複数のショップを比較して価格や対応をチェック。1ページ1商品、1テーマに絞り、検索でたどり着いた人が目的の商品をすぐ探せるようにした。画像も見やすいものを厳選。ユーザーから商品について問い合わせが来ると、企業にたらい回しにせず、kaboさんが企業に問い合わせて返信するなど丁寧に対応した。訪問者が迷わないようユーザーナビゲーションも工夫。知らないブランドも勉強し、ネタのストックも欠かさない。

 ページ作成後は、売り切れやリンク切れがないか常に確認。訪問者の検索ワードをチェックして嗜好を知り、商品を入れ替える。「最近は、『入学式+スーツ』というキーワードで飛んでくる人が多い。『入学式+スーツ+子ども』で検索する人も多いので、スーツのコーナーに子ども用を追加した」(kaboさん)。

 SEO対策はない。「SEOって難しいし、検索サイトのポリシーはしょっちゅう変わるので対応しきれない。コンテンツを充実させれば、上位に掲載され、アクセスもアップする」(kaboさん)。

 スタートから10カ月たった2004年1月に、目標だった5万円の収入得た。同月、新しいアフィリエイトサイト「キッズ&ベビー専門ショップ」もオープン。その後も順調に収入が伸び、同12月に30万円を超えた。

yu_link_06.jpg キッズ&ベビー専門ショップ

 運営にあてるのは週3〜4回、1日6〜7時間程度だ。午前3時か4時に起きて新商品情報をチェックしたり、ユーザーからのメールに返信。6時以降、朝食の準備をし、家事を済ませる。更新やメンテナンスはその後だ。午後2時か3時頃、子どもが帰ってくるまでにすべての作業を終わらせる。

 アフィリエイトという“仕事”のメリットは、初期費用がいらないことや、生活ペースを変えずにすむこと。「いつでも休めるので、学校行事にも参加できる」。悩みは、家族が仕事と思ってくれず、PCで遊んでいるのかと勘違いされることや、家事を優先すると、思ったように時間がとれないことだ。

 最近は、アフィリエイトサイトが増え。競争が激化してきたのも悩みの種。1年ほど前まで、検索結果の上位にアフィリエイトサイトをランクインさせるのは難しくなかったが、最近は難しくなってきたという。「今後も月額30万円程度の収入をキープできれば」と話すが、競争激化で先は見えない。

 「でも、楽しいから続けられる。これからも主婦アフィリエイターとしてがんばりたい」とkaboさんは笑顔を見せた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -