速報
» 2005年02月18日 16時51分 UPDATE

ネットワークカメラ市場は順調に成長

矢野経済研究所によれば、IP機能を内蔵したネットワークカメラ市場は、2006年まで海外・国内共に対前年比160%の成長が見込まれる。一方、テレビ会議システム市場の拡大は今後の課題となりそうだ。

[ITmedia]

 矢野経済研究所は2月18日、ビジュアル・コミュニケーションシステム(カメラによるライブ映像通信システム)市場に関する調査結果を発表した。調査は、同市場の関連製品ベンダー70社を対象に、同社が取材を行い、各種分析を行ったもの。

 これによると、IP機能を内蔵したネットワークカメラ市場は、出荷台数ベースで2004年の見込みが、海外市場で21万台(前年比152.2%)、国内市場で5万台(同156.3%)となり、今後は2006年まで海外・国内共に対前年比160%の成長が予測されるという。

 一方、テレビ会議システム市場は、注目されて引き合いが増加傾向にありながらも、実績には結びついておらず、世界市場で10万台程度、国内では1万台ほどの規模という。

 同社では、PCや携帯電話による家庭でのテレビ電話機能の認知向上が、今後のテレビ会議システム市場の本格化につながるのではないかと分析している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -