速報
2005年02月22日 19時18分 UPDATE

iモードユーザーのQRコード認知率は9割超

インフォプラントがiモードユーザーを調べた結果、QRコードの認知率は9割超。実際に利用している人も半数を超えた。

[ITmedia]

 インフォプラントは2月22日、iモードユーザーを対象に実施したQRコードについてのアンケート調査結果を発表した。調査は、iモード公式サイト「*とくするメニュー」の定例リサーチを利用して行われたもので、有効回答数は9865人(男性33.9%、女性66.1%)。

 これによると、QRコードを「実際に使ったことがある」と回答したのは53.8%。さらに、「知っていて対応機種だが使ったことはない」(9.4%)と「知っているが対応機種でないので使ったことはない」(28.2%)を合計すると、QRコードの認知率は9割を超えることになる。

 年代別に見ると、「実際に使ったことがある」割合は男女とも若年層で多く、特に男性20歳代以下と女性19歳以下で6割を超えた。一方、「QRコードを知らない」と回答している割合は男女とも高年者層で多い。

 QRコード利用経験者に、QRコードの記載されていた媒体を複数回答方式でたずねたところ、もっとも多かったのは「雑誌」で80.4%だった。次いで、「チラシ広告」(45.4%)、「新聞」(32.4%)、「DM」(20.5%)と並んだ。

 QRコードを使って利用したいサービス(複数回答方式)は、「URLを読み取ってサイトへアクセス」が66.3%でトップ。以下、「名刺などから携帯電話の電話帳に簡単に登録」(38.4%)、「チケット(コンサート・交通機関等)代わり」(34.2%)、「会員証代わり」(31.6%)が続く。なお、年代別に見ると、「QRコ−ドは使わない」と回答する割合が、男女とも年齢が上がるにつれ増加する傾向があった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -