トップ10
» 2005年02月28日 16時15分 UPDATE

News Weekly Access Top10(2005年2月13日−2月26日)便利になるほど不便になるネット

ネットオークションの本人認証や、ソフトのアクティベーションは正直言って面倒だ。正規の料金を支払い、ルール通りにサービスを利用しているユーザーが面倒な手続きを踏まされる現状は、なんとかならないものだろうか。

[岡田有花,ITmedia]

 先週、米Microsoftが、一部のWindows XPで、ネット経由のアクティベーションを中止するとのニュースが飛び込んだ。マイクロソフトは報道を否定。ユーザーとしてはひとまずほっとした。

 しかし、正規のライセンスを対価を払って利用している“清く正しい”ユーザーにとって、ネット経由でもアクティベーションは面倒。自作PCユーザーの記者は、パーツの構成を大きく変えるたびにアクティベーションを要求されて辟易した。

 セキュリティや著作権を守るため、利便性を犠牲にするネットサービスは少なくない。例えば「Yahoo!オークション」のユーザー登録も、スタート当初と比べると複雑・面倒になった。開始当初は、Yahoo!JAPAN IDさえあれば、ネットだけで簡単に利用申し込みできた。しかし現在は住所確認が必要。確認書類は配達記録で送られるため、在宅で受け取らねばならず、家を空けることが多いユーザーにとっては不便だ。

 ネットによって「誰でもいつでもどこでも」情報にアクセスでき、生活が便利になるというバラ色の未来図。ところがネットが普及するとネット犯罪も多様化し、これに対応するために“面倒”は増えていく。「むしろネットのない時代のほうが便利だった」――そんな愚痴が出かねない日が来ないとも限らない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -