速報
» 2005年03月18日 18時49分 UPDATE

ドコモ端末をPC用本人認証装置に

兼松コミュニケーションズとシステムニーズは、FirstPass対応FOMAかFeliCa端末をPC用本人認証装置として活用できるセキュリティ製品を発売する。

[ITmedia]

 兼松コミュニケーションズとシステムニーズは、NTTドコモの携帯電話をPC用本人認証装置として活用するセキュリティ製品を3月25日から出荷する。

sk_kcs.jpg

 「WinSafe VETM v. 4.0 for FeliCa搭載携帯電話」「WinSafe VETM v. 4.0 for FOMA」の2製品。ドコモのクライアント認証サービス「FirstPass」対応FOMA端末とFeliCa端末に対応し、端末をPCに認識させることでアクセス制御やデータの暗号化を行える。

 FeliCa端末は付属FeliCaリーダ−/ライター「パソリ」で、通常のFOMA端末は付属USBケーブルでPCと接続する。価格はFeliCa端末用が1万7850円(税込み)、通常FOMA端末用が1万7325円(税込み)。PC1台から安価に導入できるセキュリティ製品として、初年度8万ライセンスの販売を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -