速報
» 2005年04月06日 06時19分 UPDATE

米Google、地図サービスで衛星写真の提供開始

昨年10月に買収した企業の技術を使い、米Googleは北米の衛星写真を無償提供開始した。

[ITmedia]

 米Googleがβ版を公開している地図検索サービス「Google Maps」で、上空から撮影した衛星写真の提供を始めた。

 このサービスでは米国とカナダの地図を住所や郵便番号で検索できるが、新機能としてページ右上の「Satellite」(衛星)の文字をクリックすると、地図画面から同じ場所の衛星写真に切り替わる。写真は拡大・縮小したり、マウスをドラッグして表示場所をずらすことが可能。

 画像解像度を低くすると山や湖といった地形が特定でき、最高の解像度では車や建物まで特定できるという。表示されるのは現在の写真だが、リアルタイムではないと断っている。

 なお、今回のサービス提供ではサポートされていない日本の衛星写真は、15段階中6段階までズーム可能で、大きな湖や山は確認できるというレベルだが、見ることは可能だ。

 Googleは昨年10月、衛星写真閲覧ソフトメーカーのKeyholeを買収。Keyholeは衛星および航空撮影で集めた画像を地図情報としてデータベース化しており、この画像を閲覧できるアプリケーションソフト「Keyhole 2 LT」は有料で販売されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -