速報
» 2005年04月11日 17時14分 UPDATE

エイベックスが高音質ネット配信を研究へ

エイベックスが、携帯向けを含む高音質ネット配信の研究を始める。携帯電話帯電話へのHDD搭載も予想され、高品質な楽曲データへのニーズが高まると判断した。

[ITmedia]

 エイベックスネットワークは、高音質なネット音楽配信を研究・実験するプロジェクトを近く始める。エイベックス・グループ・ホールディングスが4月11日発表した中期ビジョンで明らかにした。

 「High Definition Sound Laboratory」(HD Sound Lab.)を設立し、エグゼクティブアドバイザーとして迎える小室哲哉さんの助言を受けて音楽配信時代の高音質のあり方を研究・実験する。標準仕様は24(32)ビット/192KHzによるマスターとし、早期にフルデジタルプロセッシング化する。

 携帯電話向け音楽配信の着うた/着うたフルが普及する一方、音質への不満が高まっていると判断。携帯電話でもHDDを搭載した大容量型が登場すると予想し、HDDプレーヤー向け高音質音楽データの需要が高まると見て、通信キャリアやハードメーカーと協力して取り組む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -