速報
» 2005年04月16日 06時40分 UPDATE

Skype、ローミング料金不要の新有料サービス

無料電話ソフトのSkypeは、海外旅行先でローミング料金や国際料金なしで電話を受信できる有料サービスと、無料の留守番電話サービスを発表した。

[ITmedia]

 無料P2P電話ソフトのSkypeは4月15日、新しい有料サービスとして、旅行先でも高額なローミング料金を支払うことなく電話を受信できる「SkypeIn」と、ボイスメールサービス「Skype Voicemail」を発表した。同時にSkypeソフトのダウンロードが1億に達したことも明らかにした。

 新サービスはいずれもβ版で、欧州や米国などで提供している。SkypeInではユーザーが旅行先で、かかってきた電話をSkypeクライアントを使って通常の固定電話または携帯電話で受信でき、高額なローミング料金や国際電話料金を支払わずに済むという。

 ユーザーが国とエリアコードを選ぶとSkypeIn電話番号が割り当てられ、例えば米シカゴのSkypeIn番号を登録しているユーザーが仏パリに滞在している場合、シカゴの友人がこのSkypeIn番号にかけると市内通話料金しかかからないが、ユーザーはパリで電話を受信できる。

 SkypeIn番号は3つまで登録できるが、今のところ提供地域は欧州と香港、米国など数カ国のみで日本は入っていない。Skypeではいずれ世界各国の番号を提供する方針だとしている。料金は3カ月で10ユーロ(13ドル)、1年間で30ユーロ(39ドル)。

 一方、Skype Voicemailはオフラインでもメッセージを受信できる留守番電話サービス。Skypeまたは普通の電話から、最長で10分のメッセージを受信できる。料金は3カ月5ユーロ(7ドル)、1年間で15ユーロ(19ドル)だが、SkypeInを申し込んでいる場合は無料。

 両サービスともSkypeの最新版に組み込まれており、OSはLinux、MAC OS X、PocketPC、Windowsに対応。有料サービスは同社サイトから申し込みめる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -