速報
» 2005年04月26日 18時47分 UPDATE

三越と阪急百貨店、婦人靴売り場にRFID導入

三越と阪急百貨店が、婦人靴売り場にICタグを使った商品管理システムを導入。客がPCを使ってサイズや色の在庫確認ができ、販売員が倉庫を往復する手間が省ける。

[ITmedia]

 三越と阪急百貨店は4月26日、ICタグを使った商品管理システムを導入した。商品ごとにICタグを取り付け、客が自ら在庫を確認することもできる。

 三越は東京の日本橋本店、阪急は大阪のうめだ本店で、それぞれ婦人靴売り場に導入した。百貨店側の入荷検品などに加え、店員がPDAで接客中に在庫を確認したり、客がタッチパネルPCを使って自分で在庫を調べることもできる。

 客が希望する靴の色やサイズの在庫確認のために販売員が倉庫を往復する時間を省け、機会損失を抑えて顧客サービスを向上できるとしている。

 システムはNTTコムウェアのミドルウェアを採用した。データベースなどの共有情報はデータセンターで一元管理し、店舗側では文庫本サイズのLinuxサーバ「L-Box」を使うことで設置面積を抑えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -