速報
» 2005年04月29日 07時02分 UPDATE

ネット広告販売高、バブル期抜いて過去最高に

米国のインターネット広告は、ドットコムブーム華やかなりし2000年を超え、過去最高を記録した。

[ITmedia]

 米国におけるネット広告の業界団体Interactive Advertising Bureau (IAB)が4月28日発表した統計によると、2004年のインターネット広告販売高は前年比33%増の96億ドルとなり、ドットコムブーム期の2000年を超える規模となった。10〜12月期は26億9000万ドルで過去最高となっている。

 広告タイプ別では検索、案内広告、ディスプレイ、リッチメディア広告が引き続き堅調な伸びを示した。広告の内容は、小売り、自動車、レジャーなどのコンシューマー向けが金額ベースで49%を占め、前年の37%から増加。次いでコンピューティング(18%)、金融サービス(17%)の順となっている。

 「双方向広告は明らかに主流媒体となり、各種媒体を組み合わせたマーケティングの重要な一部としてもはや無視できない存在になった。コンシューマー雑誌の販売高を真っ向からしのぐ勢いを示している」と、IABプレジデント兼CEOのグレッグ・スチュアート氏は指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -