速報
» 2005年05月10日 15時53分 UPDATE

デジカメ市場の中心顧客層は買い増し・買い換えユーザー

マクロミルの調査によると、最近デジタルカメラを購入した人の半数近くは買い増しであることがわかった。また、購入時に重視されるのは画素数で、人気は400万〜500万画素クラスに集中しているようだ。

[ITmedia]

 マクロミルは5月1日、デジタルカメラの購入動向に関する調査結果を発表した。調査対象は、20歳以上の同社モニター会員で2005年2月以降にデジタルカメラを購入した人。有効回答数は522人。

 これによると、購入機種でもっとも人気があったのはキヤノンの「IXY DIGITAL」で17.0%のシェアだった。次いで、カシオ計算機の「EXILIM」と松下電器産業の「LUMIX」がいずれも10.7%で2位に並んだ。

順位 メーカー/機種名 タイプ
1 キヤノン/IXY DIGITAL コンパクト 17.0
2 カシオ計算機/EXILIM コンパクト 10.7
2 松下電器産業/LUMIX コンパクト 10.7
4 ソニー/Cyber-shot コンパクト 10.3
5 富士写真フイルム/FinePix コンパクト 6.3
6 ニコン/COOLPIX コンパクト 5.4
7 ニコン/Dシリーズ 一眼レフ 4.4
8 キヤノン/EOS DIGITAL 一眼レフ 3.8
9 ペンタックス/Optio コンパクト 3.3
10 オリンパス/CAMEDIA コンパクト 2.7

 半数近くの46%が買い増し、25%は「買い換え。初めて購入した人は28%だった。

 購入モデルの画素数は、37%が「500万〜599万画素」で最多。次いで、「400万〜499万画素」(22%)、「300万〜399万画素」(15%)と続く。

 購入時に重視するポイント(複数回答方式)のトップ3は、「画素数」(67.4%)、「手頃な価格」(52.9%)、「軽量・コンパクト」(50.6%)。男性よりも女性の方が「軽量・コンパクト」と「液晶の大きさ」を重視する傾向が見られた。

 購入場所は「家電量販店」と回答した人が60.2%でほかを圧した。2位以下は「通信販売(ネットショッピング含む)」(20.1%)、「ネットオークション」(7.5%)など。

 また、購入に際してもっとも参考にした情報媒体は「インターネット上の記事や掲示板・広告」が38.9%でトップ。次いで、「販売員」(20.7%)、「知人・友人・家族」(13.4%)、「カタログ」(12.8%)などが並んだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -