速報
» 2005年05月11日 16時40分 UPDATE

地デジ放送を「見たくない」約2割

gooリサーチとjapan.internet.comは、定期レポート「第14回:地上デジタルテレビ放送に関する調査」の結果を発表。地デジ放送に対する肯定的な回答がやや減少傾向にあるのが気になるところだ。

[ITmedia]

 gooリサーチとjapan.internet.comは5月11日、定期レポート「第14回:地上デジタルテレビ放送に関する調査」の結果を発表した。

 これによると、地デジ放送を自宅で「見たい」と思う人が、前回調査時より0.5ポイント減少して71.5%となり、通算14回の調査で最も低かった。一方、「見たくない」人は前回よりも1.2ポイント増の19.8%で、こちらも過去最高となった。既に自宅で「見ている」人は8.7%で前回よりも0.7ポイント減。

 地デジ放送対応機器の購入時期をたずねた質問では、「3カ月以内に購入する予定はない」という人が76.9%で、そのうちの40.1%が「アナログ放送が終了する2011年頃」に購入する意向を示しており、これも過去の調査中で最高だった。

 一方、地デジ放送をすでに視聴している人の満足度は、「満足/どちらかといえば満足」と答えた人が50.6%、「不満/どちらかといえば不満」が17.2%、「どちらともいえない」が32.2%だった。

 地デジ放送視聴者の受信方法は、「ケーブルテレビ」が55.2%で最多。次いで、「チューナー内蔵型テレビ」が34.5%、「対応チューナーをテレビに接続」が10.3%。チューナー内蔵型テレビと答えた割合は過去最高。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -