速報
» 2005年05月14日 07時44分 UPDATE

Intelのハイパースレッディングに深刻な脆弱性

IntelのXeonなどに実装のハイパースレッディングに深刻な脆弱性が発見された。マルチユーザーシステムの管理者は直ちに使用を停止した方がいいとの勧告が出されている。

[ITmedia]

 Intelのプロセッサに実装されているハイパースレッディング技術に深刻な脆弱性が存在すると、セキュリティ研究者が報告した。

 この問題を発見したのは、FreeBSDプロジェクトでセキュリティを担当するコリン・パーシバル氏。オタワで開催のBSDCan 2005で5月13日、詳しい論文を提出したという。

 ハイパースレッディングはIntelのPentium Extreme Edition、Pentium 4、モバイルPentium 4、Xeonに実装されている技術。同氏がサイトに掲載している情報によれば、この脆弱性が原因でローカル情報が流出する恐れがあり、権限を持たないユーザーがRSA非公開鍵を盗み出すことができてしまうという。

 マルチユーザーシステムの管理者は直ちにハイパースレッディングを停止した方がいいと同氏は強く勧告。デスクトップPCなどのシングルユーザーシステムは影響を受けないとしている。

 パーシバル氏は昨年10月にこの問題を発見。その後コンセプト実証プログラムを作成し、影響を受ける全ベンダーにこの問題を通報したという。サイトには、FreeBSDやSCOなどから寄せられたアドバイザリー情報が掲載されているが、今のところIntelからの情報は寄せられていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -