速報
» 2005年05月16日 20時14分 UPDATE

お疲れ“わたしのオアシス”は「お風呂」がトップ

アサヒビールの調査によると、8割以上の人が普段何らかの疲労を感じているという。そんな生活の中で、もっともオアシスを感じる瞬間は入浴タイムという結果に。しかし、中にはPCをいじっている時がオアシスという人も。

[ITmedia]

 「お風呂につかっている時が“私のオアシス”」──アサヒビールのお客様生活文化研究所がまとめたWebアンケート「あなたのオアシスを教えて?」の調査結果から、こんな現代人の姿が浮かび上がった。

 調査は20歳以上の男女を対象に5月4〜10日に実施し、有効回答数は1561人。

 全体の8割以上が何らかの疲労を感じており、「とても疲れている」が25.9%、「やや疲れている」が56.9%。一方で定年退職者が多い60代以上では、「ほとんど疲れはない」(14.7%)、「全く疲れはなく、むしろ調子が良い」(2.5%)という回答が目立ち、現役世代と“疲労格差”も。

 疲れた日々をいやしてくれる“あなたのオアシス”を聞いたところ、トップは「湯船につかっている時」で37.0%。2位に「晩酌の時、お酒を飲んでいる時」(34.2%)、3位が「ふとん・ベッドに入った時」(30.6%)が続いた。

 意外にも「趣味でPCをしている時」(13.2%)が8位に入り、9位「テレビや映画を見ている時」(12.8%)を上回った。回答者がネットユーザーだったことと関係しているのかもしれない。

順位 1日の中でオアシスを感じる瞬間
1 湯船につかっている時き 37.0
2 晩酌のとき、お酒を飲んでいる時 34.2
3 蒲団・ベッドに入った時 30.6
4 子供(孫)の笑い顔・寝顔を見た時 21.0
5 家族団らんの時 18.8
6 デザート・菓子など甘いものを食べている時 17.0
7 ご飯を食べている時 16.3
8 趣味でPCをしている時 13.2
9 テレビや映画を見ている時 12.8
10 温かい飲み物(お茶、コーヒー)を飲んでいる時 11.7

 男女別で見ると、男性トップ3は、晩酌(44.9%)、入浴(37.6%)、就寝時(26.3%)だったのに対し、女性のトップ3は、入浴時(36.2%)、就寝時(36.1%)、甘いものを食べている時(31.0%)という結果に。男女の大きな違いは、オアシスが辛い(酒)か甘いかということらしい。

 年代別では、若年層に人気の睡眠欲と食欲は年齢が上がるにつれて減り、代わりに入浴の人気が高くなった。特に、60代以上では2人に1人が入浴時を挙げた。

 子供を持つ30代では、子供の笑い顔・寝顔を見た時を支持する意見が目立ったほか、60代以上ではPCを使っている時や、植木・庭に水をあげているときなど、趣味に没頭している時間を挙げた意見が多かった。

 家庭内のオアシス(複数回答)のトップは「浴室」で40.2%となり、オアシスを感じる瞬間と連動する結果になった。

順位 オアシスを感じる場所
1 浴室 40.2
2 寝室 32.2
3 居間(リビング) 28.6
4 自分の部屋・書斎 23.4
5 PC・TVの前 19.5
6 ソファーの上 11.1
7 7.9
8 食卓 6.1
9 マイカーの中 5.5
10 トイレ 5.4

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -