速報
» 2005年05月25日 08時40分 UPDATE

米オンライン小売り販売、20%台の成長続く

米オンライン小売り販売額は2004年、23.8%増となった。新規顧客獲得の手段として最も活用されているのは検索エンジン広告で、新規顧客のうち43%が検索広告経由だった。

[ITmedia]

 調査会社Forrester ResearchとShop.orgが5月24日発表した年次報告書によると、米国のオンライン小売り販売額は2004年、23.8%増の1414億ドルとなった。今年は22%伸びて1724億ドルに達する見通し。

 この調査では米国のオンライン小売業者137社を集計。旅行関連を除くと2004年の販売額は23.8%増の890億ドルで、小売り販売額全体の4.6%を占めている。旅行関連を除いた今年のオンライン小売り販売額は1096億ドルとなる見通し。

 今年は女性によるオンラインショッピング利用増大が牽引する形で、化粧品・香水のオンライン販売が33%増えると予想。ジュエリー・高級品は31%増、花・カード・ギフトは30%増を見込んでいる。

 新規顧客獲得の手段として最も活用されているのは検索エンジン広告で、調査対象の小売りサイトを訪れた顧客のうち43%は検索エンジン広告経由だった。2004年中にパフォーマンスに応じて料金を支払う方式の検索広告を利用した小売りサイトは87%に上り、そのために費やした予算は前年に比べて倍増している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -